読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな生きかた、考えかた、送りかた

幸せになるコツ、方法をお伝えしていきます

ドリームキラー

この言葉を聞いたことはありますか?

 

簡単に言うと、

あなたの夢を邪魔する人たちです。

 

 

 

新しいことを始めようとすると、

 

「出来るワケないよ」

「真面目に働いたほうがいいよ」

 

こう言ってるしくる人がいます。

 

ただし、別に悪気があって言ってるワケではありません

 

純粋に心配してくれてるほうが多いです

 

 

 

ただ、厄介なのが、

それを間に受けて行動しないと、

今と何も変わらぬ生活が続いていくようになるのです

 

だからこそネガティブばかり発言する人や、

行動しない人とは距離を置くことをオススメします

 

そういう人と一緒に居ると足を引っ張られるどころか、

 何も行動出来なくなっていきます

 

 

 

「やめといたほうがいい、と彼女に言われたから」

「親に反対されたから」

こういった理由でやらない人が、

残念ながら意外と多く見受けられます。

 

 自分の人生の舵(オール)を誰かに任せてる人がなんと多いことか。

 

そんな簡単に諦められる夢ならよいですが、、、

 

そんなことはないハズです

 

 

 

「幸せになりたい」

「経済的にも金銭的にも自由になりたい」

「温かい家庭を築きたい」

 

自分が意識してないだけで、

夢をあなたも持っています。

 

ただ会社と家との往復の毎日。

 

やりたくもない仕事をして、

上司に怒られてばかりの日々

 

それで満足ですか?

 

 

 

ひと昔前であれば、

会社は成長していたので、

我慢していれば良いお給料が貰えてました。

 

だから耐えていれば、

老後まで約束されていた

 

 

 

しかし今は個人の時代。

 

「あの人が紹介したから買おう」

「あの人が言うんだから間違いない」

などなど、、、

 

メルカリも普及したように、

個人間でのやり取りが増えてきてるのです

 

 

 

ということはお金の稼ぎ方も変わりつつあるのに、

周りに反対されたからやらないというのは、

もったいないと私は思います

 

実際に月100万以上稼いでいるなんて、

Twitterをやってればザラにいます

 

…というか結構見かけます笑

 

探せば見つかるし、

情報を求めれば得られますので。

 

私にコメント頂ければ、

稼ぎ方を教えられますし、

私より結果を出している人も紹介できます

 

まずはその小さな一歩を踏み出してみてください

 

 

 

前回の記事で、
人、本、環境が話をしました。

人から受ける影響は前回お伝えしたので、
残り二つをお話しますね


それでは、本ですが。

「活字はムリ!」
「読むと眠くなるから読まない…」
「漫画しか読まないよっ!」

という人も居るかと思います

私も出来れば活字は読みたくないほうですが笑

本から得られるものが多いため、
読んでおります。

 

ご存知の通り、
本といっても様々なジャンルがあり、
価値観を変えるのは一冊の本だったりします。

『知らないことを知る』

そう、これがきっかけで、
変わったりするのです。

ちなみに私が読んで価値観が変わったのが、
7つの習慣』という本です。

習慣の大切さを知ったきっかけの本です。

あまり自己啓発の本を読まないなら、
書店で気になったものを、
手に取って読んでみてください

(出来れば買って家で読んで頂きたいです笑)

たった一つの本の出会いで人生は大きく変わりますので。

 

次に環境の大切さですが、、、

朝が苦手な人が早起きするには、
どうしたらいいと思いますか?

答えからいうと、
早起きしなければいけない、
そういう環境を作ってしまえばいいのです。

 

たとえば、
どんなに朝起きるのが苦手な人でも、
軍隊に入れば朝早く起きれると思いませんか?

「あと5分だけ」
なんて言って寝てた日には、、、

辞めさせられるのが目に浮かぶと思います

極端な話ではありますが、
そのぐらい強力なチカラが秘められています

 

そんな環境の変えかたとしては、
仕事を変えるか、
付き合う人を変えることです。

家族を養っている場合、
「オレ、仕事やめるわ」
といきなり家族に言ったところで、
奥さんがブチ切れるだけです笑

他に収入がないときに辞めるのは、
リスクが高すぎるので、
人付き合いを変えてみてください。

 

出来ればあなたが稼ぎたい収入を取っていて、

心から尊敬できる人が良いです。


いま密に連絡を取り合ってる5人の平均年収÷5が、
あなたの年収とも言われますので。

 

同じ収入の同僚と飲み会の場で愚痴っていても、

決して収入は上がりませんので、

意識して変えていきましょう

 

 

 

PS:
公式ラインのほうでも、
有益な情報や収入源の構築の仕方をお伝えしております。
@axg1791j

(@を忘れずに入力お願いします)

 

もし今回の記事がためになったと思ったら、
追加してコメント頂けたら幸いです。


(コメントしてくれたかたには、5万円相当のプレゼントを差し上げたいと思います)